自律神経失調症に要注意|ストレスを溜め込まない

病棟

骨が破壊される病気

二人の医者

関節リウマチは徐々に症状が進行していき最後には骨が破壊されて、骨と骨とがくっついてしまい関節が機能しなくなってしまいます。抗リウマチ薬で治療を行っていきますが、その人に合った薬を探す出すことも重要なことになります。世田谷でも自分の症状に合った薬で治療を行っている人がいます。

詳しくはコチラ

忙しい方にも

病院

内科は風邪や発熱のときだけでなく、さまざまな症状に対応しており、禁煙外来を行っている病院も増えているようです。新宿は、不規則な生活をしている方が多いのではないでしょうか。そんな方には日曜診療などが便利かと思います。

詳しくはコチラ

胃の痛みが続く時には

女性

中高年の方で胃痛が長く続く場合には、ピロリ菌に感染している場合があります。そんな悩みがあるのならば、城東区の内科で検査を受けてみることをオススメします。ピロリ菌が見つかった場合にも、スムーズに治療することができて安心です。

詳しくはコチラ

ストレスによる内臓の不調

抗不安薬なども効果的

先生

疲れ・だるさ・食欲不振・不眠など、さまざまな症状が現れているのに、内臓にはどこにも異常が見られないことがあります。このような状態は多くの場合、自律神経失調症と診断されます。臓器をコントロールしている交感神経と副交感神経の働きが乱れるために起きる病気です。不規則な生活習慣や過度のストレスが一因と考えられています。自律神経失調症はストレスの緩和により軽快することが多く、自己訓練で精神をコントロールしたり、生活習慣を見直したりすることで、ある程度の改善が望めます。また心理的なカウンセリングで、身体の状態が良くなる場合もあります。即効性のある治療法としては、副作用の比較的少ない抗不安薬や自律神経調整剤などに人気があります。

総合的な改善を

自律神経失調症が進行し、うつ状態になっている場合には、抗うつ薬などが処方されます。イライラや落ち込みを解消する効果がありますが、眠気や口の渇きなどの副作用もあるため、医師の指導のもとで服用することが大切です。自律神経の働きを整えるビタミンB群や、ストレス解消に役立つビタミンCを摂取するのも効果的と考えられます。また神経過敏な体質を改善するため、黄連や芍薬などの漢方薬も投薬の選択肢に入ります。さらにマッサージや整体で体をほぐし、アロマテラピーや音楽療法で心をリラックスさせるのも一つの方法です。今後は各種の治療法を組み合わせて、総合的に自律神経失調症を改善していく試みが普及していくと考えられます。